女の人

うつ病に負けないで|薬を服用すれば元気になれる

服用など

カウンセリング

種類と特徴、効果

精神科で処方されるくすりに抵抗感を示される方がいますが、うつ病も他の病気と同じようにくすりを飲むことで崩れてしまった体内のバランスを調整する必要があります。うつ病の治療に使用されるのは抗うつ薬という種類のもので、抑うつ状態や長期間の落ち込みなどのうつ病特有の症状に効果があります。これは効果などにより主に5種類に分かれていますので、1種類ずつ特徴を挙げていきます。 まずは1つ目、NaSSA(ノルアドレナリン・セロトニン作動性抗うつ薬)です。睡眠障害や食欲低下といった症状に効果があり、効き目が比較的早めに出るといった特徴があります。 2つ目はSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)です。脳内で分泌されるセロトニンとノルアドレナリンのバランスなどを調整します。 そして3つ目はSSRI(選択的セロトニン取り込み阻害薬)です。これはセロトニンを調整するもので、副作用が少なく効果が緩やかなものが多いです。 続いて4つ目は三環系抗うつ薬・その他の抗うつ薬と呼ばれるもので、セロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害し増加させる作用があります。 最後、5つ目は四環系抗うつ薬でノルアドレナリンを増加させる働きがあり、睡眠障害の治療に有効的です。 ここで頻繁に登場したセロトニンとノルアドレナリンというのは脳内で分泌される神経伝達物質のことで、この2つの分泌量が何らかの理由で減少することで発症するのがうつ病です。従って、これらの物質をくすりの服用により一時的に増加させることが症状の改善に繋がります。

服用時の注意点など

抗うつ薬もその他の薬と同じように副作用があります。しかし、近年開発されてものは以前のものと比べると出にくくなっています。それでも体質やくすりとの相性などによって、眠気や吐き気、食欲不振や口渇などといった副作用が発生する可能性はあります。また中には頭痛やめまい、便秘や下痢といった副作用に悩まされる方もいます。 但し副作用は効果が出る前触れでもあります。一般的な抗うつ薬は効果が出るまでに4週間〜6週間程度かかるといわれており、人によっては効果よりも先に副作用があらわれるケースがあります。副作用はほとんどの場合、2週間程度でなくなので勝手に服用を辞めてはいけません。自己判断での断薬により副作用が更に強く出ることもあるので、副作用が強すぎて飲むのが困難なときは担当医に相談しましょう。 また抗うつ薬を服用すているときは、できるだけ飲酒や喫煙は控えましょう。アルコールや煙草はくすりの効果を弱めてしまいます。そして、くすりの作用によっては眠気が強く出るものもあるので、可能であれば車の運転や精密機器などの操作も控えて下さい。仕事上それらが避けられない方は必ずや医師に相談しましょう。 くすりの種類によっては値段の高いものもあります。しかし、現在ではジェネリック医薬品を選ぶことで費用が抑えられることもあるので、医師や薬剤師などに質問してみましょう。また自立支援制度などを利用すれば自己負担額が減るので、これも専門家に相談してみることをおすすめします。 最後に、抗うつ薬の服用期間を短くするためには用法・容量をきちんと守り、自己判断での断薬やオーバードーズなどは絶対に辞めましょう。