女の人

うつ病に負けないで|薬を服用すれば元気になれる

脳内環境を整える治療

看護師

一般内科と同じ治療法

近ごろ気が塞ぐようになって何をする気力もなくなったとしたら、それはうつ病の兆候かもしれません。そうした心の状態が一時的であれば問題ありませんが、2週間以上も続くようだと注意が必要です。うつ病という病気は単なる心の病気ではなく、脳内神経伝達物質が弱ってきている状態なのです。人が人間らしい感情を抱いたり意欲を持って仕事に取り組んだりできるのも、脳内で分泌される神経伝達物質のおかげです。主要な神経伝達物質にはセロトニンやノルアドレナリンといった種類が知られています。これらの物質が何らかの原因で減少することにより、感情や意欲といった心の働きも鈍くなるのです。うつ病を治療するためには、このセロトニンやノルアドレナリンの働きを活性化させることが必要になります。心療内科や精神科ではうつ病の患者さんに対して心理療法も実施していますが、薬物療法は最も効果の高い治療法です。脳内の神経伝達環境を整えるために、抗うつ薬と呼ばれる薬が処方されるのです。抗うつ薬としては三環系と呼ばれるタイプがまず開発されました。これにはセロトニンとノルアドレナリン両方を増加させる作用があります。次に三環系より即効性の高い四環系抗うつ薬が開発されました。近年ではSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)がうつ病治療の主流となっています。他にSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)もよく使われています。心の病気を心理療法だけで治療するには、極めて長い時間がかかるのが普通です。現在では精神医療でも薬の有効利用が欠かせなくなってきています。とりわけうつ病は脳の発症メカニズムが判明しているため、他の病気と比べても抗うつ薬の効果が高いのです。心の病気でありながらうつ病は、一般内科とほとんど同じ方法で治療できる点に特徴があります。慣れた患者さんなら、精神科にも内科と同じような気楽さで通院しているものです。

効果実感には時間がかかる

治療効果が実感できるようになるまでには、抗うつ薬にもある程度の時間が必要です。脳内で不足しているセロトニンやノルアドレナリンといた神経伝達物質を、ホルモン剤のように単純に補う方法ではないからです。従来の三環系や四環系の抗うつ薬には眠気や吐き気・食欲不振などの副作用もありました。2000年頃から使われ始めたSSRIは副作用の比較的少ない点が特徴です。脳内で分泌されるセロトニンは、うつ病になるとシナプスと呼ばれる部分で過剰に取り込まれてしまいます。そのためセロトニンの量が減少して症状が表れるのです。SSRIはセロトニン取り込みの阻害に特化することで、副作用を抑えることに成功しました。脳の神経伝達系に働きかけるこうした薬は、服用し始めてすぐに効果を表すわけではありません。通常は半年ほどで症状改善効果を実感できるようになると言われています。それだけ脳の働きを変えていくには時間がかかるのですが、それ以外の方法だともっと時間がかかります。抗うつ薬はうつ病の治療にかかる時間を大幅に短縮する手段だとも言えます。心療内科や精神科ではうつ病の薬物療法をより確実なものにするため、多くのケースで心理療法も併用しています。発症の直接原因は脳にありますが、セロトニンやノルアドレナリンが減少した遠因は心的ストレスとも無縁ではありません。その背景には仕事や人間関係のストレスが存在するものなのです。それらの問題を対話によって解きほぐし、治療効果を高めていくのが心理療法の目的と言えます。生活環境を整えてストレスを減らすこともうつ病治療では重要です。心身両面で強いストレスにさらされていると、何らかの防衛本能が働いて脳内環境が変化するものと考えられています。心療内科や精神科から処方された薬を毎日飲みながら生活環境を整えることで、うつの症状も改善していきます。そうやって多くの患者さんが明るさを取り戻しているのです。