薬で治療できるうつ病心の健康を取り戻す

うつ病に負けないで|薬を服用すれば元気になれる

脳内環境を整える治療

看護師

うつ病は心の病気の中でも代表的な例ですが、脳内の神経伝達物質が弱っていることが原因で発症します。そのため最も有効な治療法は脳内環境を整えるための薬を服用することです。抗うつ薬には三環系や四環系・SSRI・SNRIなどの種類があります。抗うつ薬の効果を実感するには、ある程度時間がかかります。

服用など

カウンセリング

うつ病の症状を改善するには抗うつ薬を服用する必要があります。抗うつ薬はセロトニンやノルアドレナリンといった神経伝達物質を一時的に増加させるくすりです。用法・容量をしっかりと守り自己判断での断薬などはしないことが大切です。

精神の改善に向けての治療

医者と看護師

うつ病と診断されると抗うつ薬を処方されます。それはセロトニンを分泌させるものでして、脳内にセロトニンを増やすために飲みます。うつ病の治療に大事なのは生活習慣や食事を改善していくことが必要なことになります。

うつの改善をしよう

カウンセリング

うつ病の治療薬には神経伝達物質の流れを抑制して気分を良くしたり、あるいは興奮を抑えるといった薬が活用される事があります。精神科医の診断の元における上での処方箋であるため、これ以外のお薬がうつ病の治療にも活用される事があるケースもあります。その人の症状によって違うため一概には言えませんが、うつ病が深刻化すると脳の神経状態に変化が現れる事があります。こうした神経組織の状態の変化がやがて脳の変化にも繋がり、次第に脳が萎縮してしまう場合もあります。このような重篤な症状を抑えるためにもうつ病の治療薬が活用される事があります。神経の伝達物質の流れを抑える事によって、興奮物質を抑えたり、あるいは抑うつ状態の元にもなる「落ち込んでしまう気持ち」による神経物質の流れを整えます。神経には様々な物質や電気信号が流れていますが、治療薬を活用して制御することでうつ病の治療や改善のために役立てる事を目標として治療が行われています。また、うつ病の原因となる「抑うつ状態」と呼ばれている落ち込んだ状態が続くと心身が疲労してしまい、内臓の動きが悪くなってしまったり、だるさが長時間継続される事もあるため気をつける必要があります。抑うつ状態を引き起こす切っ掛けとしては、ストレスをため込みやすい考え方や思考が原因となっている事もあるため、病院ではカウンセラーによる改善処置が行われます。この改善のための診療が「精神療法」となっており、一般的には医師の診断の元において「薬物療法」と併用して治療が行われています。早期発見による治療により改善しやすい病気でもあるため、心配な方は病気予防のためにもネットで自己診断してみるのも有効です。

治療薬を活用する場合に、注意しておきたいポイントとしては、周囲との対人関係を気にしすぎてしまい治療薬を服用しすぎてしまうケースです。精神病を患っている人は生真面目で神経質な人が患いやすく、細かいところに気がついたり、他者からの指摘を真剣に考え込み過ぎてしまったりしてしまう考え方の癖が原因として発症する事があります。そして自分がうつ病を患っている人であれば、うつ病の性格で他者に迷惑を掛けてしまっている事に既に気がついているために無理に隠そうとしてしまう事があります。しかしあまりにも精神的な負担が重く、無理をし過ぎてしまい他者との関係で自分を必要以上に追い込んでしまう事があるのです。このような自傷的な気持ちになる症状は、うつ病の症状で注意したい点のひとつとなっています。そしてこのような気質の自分を再び無理矢理隠そうと、今度は医師から処方してもらった治療薬を乱用してしまい、指定された用法・用量の成分をオーバーして服用してしまう事があります。服用する成分量が多いため、その時は一時的に神経の流れを抑える事ができる事から性格のコントロールを行いやすくなる場合もあります。しかし時間が経つにつれて徐々に副作用が生じてくるようになってしまいます。乱用の際に生じる一般的な副作用は、消化器系の異常によって起こる下痢や吐き気です。しかし、乱用をせず正しく服用していれば、このような副作用の心配はありません。